針灸院リフォーム

 マンション1階の店舗リフォームです。

鍼灸院リフォーム - 施工前

施工前の店舗状況です。

室内工事

 室内天井は既存のボード/クロス施工の天井を外し、むき出しのコンクリートをホワイト(ツヤなし)のペンキで塗装。

 天井高upにより、室内空間が広がりました。

 壁はコンクリート/クロス張りのクロスを剥ぎ、珪藻土(ホワイト)コテ仕上げ。

 一部タイル部分はタイルを剥ぎ、同じく珪藻土(ホワイト)コテ仕上げ。

 床は既存のPタイルの上に新たにボンド張りで木目(ホワイトアッシュ)のラバータイルを施工。

 約、幅90mm、長さ1000mmのラバータイルを一枚ずつ張っていきます。

 この商品は、一枚だけでも簡単に取り替えることが可能なので、とれない汚れや傷がついた時など、すぐに交換できるという利点があります。

天井から間仕切り用のカーテンレールを設置。

写真左の手洗いまわりはお客様がタイルを施工されるとの事。写真右のトイレの扉もお客様が自ら塗装されました。

一緒に作り上げていく感覚もおもしろいですね。

室外工事

 外壁は板張りにするため、室外機を移動。

 目隠しのフェンスは、光が室内に入るよう斜めに板張りをしました。

 フェンス内側にはウッドデッキを設けました。点検蓋等あるため、一部開閉式になっています。

 フェンス正面の右の方には扉を付けています。

 扉がフェンスと馴染むように、同じように斜め張りで施工しています。

建具の変更

 店舗内が見えるようにと、既存のドアを、木目調の枠に全面ガラスのドアに取替えました。